American Sniper アメリカンスナイパー

すぐ見る方はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓

2014年公開の映画です。

Yahoo!映画サイトでは☆4.01

私は☆4.2

クリントイーストウッド監督作品らしく、戦争物の事実に基づいた内容となっています。戦争物の興行収入としてはアメリカ歴代第一位となる作品です。

内容(ネタバレ含む)

クリス・カイル(ブラッドリークーパー)はテキサス生まれで30歳まで弟のコルトンとロデオしながら農場で働いていたが、アメリカ大使館の爆破事件をきっかけに海軍へ志願する。

厳しい訓練を乗り越え特殊部隊シールズへ配属となり、アメリカ同時多発テロ事件により戦争がはじまり、中東への1回目の派遣が恋人のタヤ(シエナミラー)との結婚式で決まった。

狙撃手の才能を開花させ、「伝説」と呼ばれ4度の派遣で160人以上を狙撃し、仲間を守り国のために戦ったカイルだが戦争によるPTSDに苦しみ、人間らしさを失ってしまう

医師の勧めで始めた傷痍軍人たちとの交流を続けるうちに、少しずつ人間の心を取り戻していたある日、退役軍人社会復帰プログラムの一貫として出掛けた射撃訓練先で、同行していた男に射殺されるのだった。

感想

キャッチコピーである「米国史上最多、160人を射殺した1人の優しい父親」これはかなりいいです。見終わったあとにすごく自然にこのキャッチコピーが体の中に入っていく感覚がありました。

いろいろなことについて「考えさせられる」作品だったと思います。

160人を射殺した人をアメリカの英雄として取り上げることに批判もあった作品ですが、「国を守るため」「仲間を守るため」に1人の人が壊れていく様を見事に描いた作品ではないかと思います。

「英雄」を送り出す家族の苦悩や、強すぎる本人の使命感。戦争とは?っていうだけでなく、家族とは人生とは?

作中での相手の凄腕スナイパーとの対決は緊張感がかなり感じられ楽しめました。

原作になっているカイル本人の「ネイビーシールズ最強の狙撃手」も読んでみようと思います。

私はこれで見てます
↓↓↓↓↓↓↓↓

Ocean’s Eight オーシャンズ8

「オーシャンズ8」の画像検索結果

 

2018年公開の映画です。

Yahoo!映画サイトでは☆3.56

私は☆3.7となります。

さすがオーシャンズシリーズ!といわんばかりの豪華キャストです。

内容(ネタバレ含む)

恋人クロード(リチャードアーミティッジ)にはめられ詐欺罪で刑務所に収容されて5年。仮出所が決まったデビー・オーシャン(サンドラブロック)

デビーはかつての仲間で今はナイトクラブを経営しているルー(ケイトブランシェット)を訪ね刑務所内で練りに練った宝石強盗の計画を持ち掛けます。

実行に移すべく二人で7人の仲間集めを開始

メトロポリタン美術館で行われるメットガラというパーティで主催者であり女優のダフネ(アンハサウェイ)に1億5000万ドルの宝石「カルティエのトゥーサン」を身につけさせ、それをまんまといただこうという計画です。一人あたりの分け前は1600万ドル!

計画は順調に進みトゥーサンを無事盗み、さらにデビーをだまして刑務所に入れたクロードを嵌める準備も終わらせた7人でしたが、嵌めるためにトゥーサンの一部を使ったこと、しかもダフネに盗んだことがばれてしまいます。そこでダフネも仲間入りし「オーシャンズ8」となります。

8人になり分け前が減ったのでは?となるのですが、実はメットガラの会場であるメトロポリタン美術館では「ヨーロッパ王室」というテーマの展示が行われており、そこには貴重な宝石が大量に展示されており、トゥーサン紛失の混乱に紛れ、大量の宝石を手にいれていたので一人あたりの取り分は増え、それぞれの生活に戻っていきます。

感想

オーシャンズ11の女性キャスト版といえばそれまでなんですが、トリックも目的もわかりやすく、ファッションや美術館も大好きな私としてはオーシャンズシリーズでは1番好きですね。

さすがの豪華女優陣なので個々の個性やドレスアップシーンなどは豪華絢爛でした。オーシャンズシリーズらしく、派手な銃撃戦やアクションはなし。美術品を盗む手助けをするのに前作まで出演していたオーシャンズメンバーが参加していたりと、シリーズ全部見れば全容がわかるぞって感じもおもしろかったです。

デビーはダニー(こちら参照)の妹ということでダニーは死んだ設定になっているのですが、今後兄妹の話もあったらいいなぁと少し次回作を期待してしまいます。

OCEAN’S THIRTEEN オーシャンズ13

「オーシャンズ13」の画像検索結果

すぐ見る方はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓

2007公開の映画です。

Yahoo!映画サイトでは☆3.4

私の☆は3.5

相変わらずの豪華キャスト

あらすじの前にこちらもどうぞオーシャンズ11 オーシャンズ12

内容(ネタバレ含む)

仲間であるルーベン(エリオットグルード)が悪名高いホテル王バンク(アルパチーノ)に裏切られ、そのショックで倒れてしまう。

前作(オーシャンズ12)以降静かに暮らしていたオーシャンたちだったが、ルーベンからだまし取った土地(ホテル)にオープン予定のカジノホテル「バンク」への報復計画を練り上げ、実行に移す。

計画内容はバンク自慢のホテルの評価を落とすこと。(バンクの経営するホテルはすべて☆7ホテルと呼ばれており、バンクは☆7を取ることを自慢としていた。その証に☆7を受賞する度、妻に豪華なダイヤを送っていた。)

オーシャンたちは数ヵ月後のホテルのプレオープンを狙う計画だったが、高性能セキュリティの妨害や、機材の故障が起こってしまい資金難に陥ってしまう。そして苦肉の策として前作まで敵であったベネディクト(アンディガルシア)に協力を求める。

ベネディクトは全てを監視すると共にバンクの集めている妻へのダイヤも奪うことを条件に資金協力をすることになる。

感想

前作までと同様ハデな銃撃戦やアクションはなかったですね。

主要人物の多さは相変わらずでしたが、13人目はオーシャンズ11から出ていたアンディカルシアだったため、わかりやすくスルリと入ってきた感じでした。

緻密に練られた計画をプロフェッショナルが実行していくところは私的には高評価。メンバー内でおこちゃま扱いだったライナス(マッドデイモン)がハニートラップに挑戦してみたり、端々にみられるジョーク要素や前作での怪盗対決の相手ナイト・フォックス(ヴァンサンカッセル)がベネディクトが雇った監視役兼ダイヤの横取り役だったりと遊びごごろみたいなものが見えて楽しめました。

内容に関しても豪華キャストにトリックに化かし合いに・・・とごちゃごちゃ詰め込んだ感じがあった前作とは違い、話自体はいたってシンプルだったのでオーシャンズ12のあとで見ると「お?思ってたよりずっとおもしろい」ってのが素直な感想でした。

シリーズ3作の中では1番おもしろかったですね!

なのでスルーしようと思っていたオーシャンズ8も見てみることにします。

私はこれで見てます
↓↓↓↓↓↓↓↓

OCEAN’S TWELVE オーシャンズ12

すぐ見る方はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓

2004公開の映画です。

Yahoo!映画サイトでは☆3.13

私の☆は3.0

前作に続いて豪華キャストです。

内容の前にこちらをどうぞ前記事オーシャンズ11

内容(ネタバレ含む)

オーシャンたちがベネディクト(アンディガルシア)のカジノから1億6千万ドル(およそ200億円)の金庫破りに成功した3年後

オーシャン(ジョージクルーニー)は、テス(ジュリアロバーツ)との再婚し、ラスティ(ブラッドピット)はホテル経営するなど、それぞれ平和な生活を送っていた。

しかし、全員ベネディクト(アンディガルシア)に見つかり、ベネディクトは2週間以内に盗んだ1億6千万ドルに利子を付けて返すよう要求する。オーシャンたちは使ってしまった金や利子の分を埋めるため、再び全員で仕事をすることを決めそこでヨーロッパにターゲットを移す。

アムステルダム(オランダ)にやってきたオーシャンたちは、綿密な計画を立て、数々の盗みをしていくが、盗む前に必ず獲物があるはずの場所に黒い狐の置物が置かれ獲物は既に ナイト・フォックス(ヴァンサンカッセル)に盗まれていた 。

困ったオーシャンたちは、かつてヨーロッパでその名を知られた往年の大泥棒ギャスパー・ルマーク(アルバートフィニー)を訪ねる。

ギャスパーの弟子であり「世界一の泥棒」を自負するナイト・フォックスは、オーシャンたちの情報をベネディクトに渡したのは自分だと告白、自分との勝負に勝てば、金も全て立てかえてやるとの条件でオーシャンズとナイトフォックスは泥棒勝負をすることになる。

そしてオーシャンズは、ローマの美術館で展示される「ファベルジェの卵」を巡ってナイト・フォックスと対決するが、ユーロポール(オランダ)の敏腕捜査官でありラスティの元恋人イザベル・ラヒリ(キャサリン・ゼタジョーンズ)が現れる。

感想

怪盗同士のだまし合いは話としてはおもしろかったんですが、 オーシャンズの12人目はテスで、結果全員捕まって挙句卵を盗んだのは往年の大泥棒ギャスパーでそれをオーシャンズに譲るという・・・なんとも腑に落ちない内容でした。

前回と同様ハデな銃撃戦はなく知能と技を酷使して計画を実行するスタイルではあったんだろうけど、テスの参入でスペシャリストの集まりではなくなってしまったことがとても残念でした。

ブルースウィルスが本人役で出演してたり、元から豪華キャストで主要人物が多いのにさらに主役級が入りごちゃごちゃした感が否めない作品でした。

ただ、盗んだあとにナイトフォックスのシンボルであるキツネの像置かれるところとか、怪盗同士の隠語がとびかったり家ごと傾けて行う盗みなど、推理・種明かしがすきな方にはいいのかも。

私はこれで見てます
↓↓↓↓↓↓↓↓

OCEAN’S ELEVEN オーシャンズ11

すぐ見る方はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓

 

2001年公開の映画です。1960年の作品「オーシャンと11人の仲間」のリメイク版。

Yahoo!映画サイトでは☆3.68

私の評価では☆3.0

ブラピにジュリアロバーツ、ジョージクルーニー、マットデイモン等豪華キャストの出演作品です。

内容(ネタバレ含む)

 

凄腕の泥棒で詐欺師でもあるダニー・オーシャン(ジョージクルーニー)は 窃盗罪で4年間服役していたニュージャージーの刑務所から仮出所した

 
州を出てはいけないという仮釈中の規則を無視して、ロスアンゼルスに住むラスティ(ブラッドピット)に会い、新しい盗みの計画を打ち明ける。それはラスベガスの3大カジノの金が集まる地下巨大金庫の現金強奪計画だった

カジノには客の掛け金を賄う現金を置いておかなくてはいけないという州の規則があったことから、イベントのある日(ボクシングのタイトル・マッチ)には少なくとも1億6000万ドル以上の巨額の現金が集まることを知り

ラスティ・ライアン(ブラッド・ピット)オーシャンの右腕。交友関係が広く、経験豊富。

ルーベン(エリオット・グールド) セキュリティに詳しいベガスの大富豪 。

フランク・キャットン(バーニー・マック)前科持ちのカジノのディーラー。

バシャー・ター(ドン・チードル)イギリス人の爆破専門家。

イエン(シャオボー・チン)中国雑技団曲芸師小柄な中国人。

バージル・モロイ(ケイシー・アフレック)双子のモロイ兄弟の兄。 機械に強く潜入やラジコン操作のスペシャリスト。

ターク・モロイ(スコット・カーン)双子のモロイ兄弟の弟。 兄と仲が悪いがいつも一緒にいて、潜入や運転のスペシャリスト。

リヴィングストン・デル(エディ・ジェイミソン)電気・通信の専門家 。神経症があり、いつもオドオドしている。

ソール・ブルーム(カール・ライナー)天才詐欺師。 引退していたが、ラスティの声かけで集合する。

ライナス・コールドウェル(マット・デイモン)シカゴで有名なスリ。伝説的な泥棒『ボビー・コールドウェル』の息子 。

各分野のスペシャリストを集め、ミサイル基地並の強固なセキュリティシステムにを持つ 3大カジノのオーナーであるテリー・ベネディクトアンディ・ガルシア 挑む。

合わせて元嫁でありテリーの付き合っている女性テス(ジュリア・ロバーツ)の奪還も狙う。

感想

 

上にも書きましたが、なんてキャストが豪華&登場人物(主要人物?)が多すぎて難しい犯罪を成功させてた感動みたいなものはあまり得られませんでした。っていうのが第一印象。

でも銃撃戦もなく知能とお互いの腕のみで強固な金庫破りを成功させるっていうのは、おもしろかったところです。

続編もあるのでそちらも見てみます!

オーシャンズ12

私はこれで見てます
↓↓↓↓↓↓↓↓

TRUE ROMANCE トゥルーロマンス

すぐ見る方はコチラ
↓↓↓↓↓↓↓↓

 

1993年公開のハリウッド映画です。

Yahoo!の映画サイトでは☆4.05

私の評価では☆5になります。

私の1番好きな作品。

クエンティン・タランティーノ監督作品で、若かりし頃のブラピなんかも出てます。

 

内容(ネタバレ含む)  

 

カンフー映画を見るのが趣味のさえない主人公(クラレンス)

 

そのクラレンスの誕生日に職場の上司がプレゼントとして、内緒でコールガールを派遣した

そのコールガールがヒロイン(アラバマ)

 

2人は1夜を共にし恋に落ちてしまう。翌朝アラバマは自分がコールガールであり、頼まれて来たことをクラレンスに打ち明ける

そしてそれでも恋に落ちてしまったことを告白する

アラバマの話を聞いたクラレンスは、それでも彼女と共に生きていく決意をし結婚する

その日のうちにアラバマの住んでいたアパート(コールガールのたまり場のような、チンピラの部屋)へ荷物を取りに行くが、彼女のボスであるチンピラに取り合ってもらえずボコられてしまう

 

意を決し再度荷物を取りに行った際、チンピラと揉み合いになり殺してしまう

さらに間違った荷物を奪ってしまう(コカイン)

 

ここから元締めマフィア・警察を含め愛の逃避行が繰り広げられる

 

逃げてる時にそれまで疎遠であったクラレンスは父親に会いアラバマを紹介し、和解する

その後クラレンスを追って来たマフィアにより、父親は殺されてしまう

 

クラレンスとアラバマはチンピラどもから間違って奪ったコカインを売りさばき、そのお金で2人で幸せに暮らそうとする

が、なかなかうまく行かず何度も何度も殺されかけます

最後は豪華ホテルで警察・マフィア・コカインの買い手を交えての銃撃戦

そこでクラレンスは被弾してしまいます

瀕死のクラレンスを泣きながら抱えホテルから逃げるアラバマ

そのまま喧騒に紛れ逃げていく・・・

 

感想   

 

1900年代版ボニー&クライドみたいな内容ですが、こちらは最後ハッピーエンドになっています。

どこにでもある内容なんですが、アラバマのセクシーでかわいいところがなんとも言えないですし、着ているファッションもかなりステキ

途中で親子の確執を挟むあたりがアメリカっぽいなぁとか

そしてなんといっても作品内で流れるYou’re So Coolが本当にいい!

木琴なのかなぁ・・・殺戮・ドラッグとバイオレンス色満載なのにすごいマッチしていて最高です。

古い映画ですが見てもらいたい作品です!

私はこれで見てます
↓↓↓↓↓↓↓↓