Ocean’s Eight オーシャンズ8

「オーシャンズ8」の画像検索結果

 

2018年公開の映画です。

Yahoo!映画サイトでは☆3.56

私は☆3.7となります。

さすがオーシャンズシリーズ!といわんばかりの豪華キャストです。

内容(ネタバレ含む)

恋人クロード(リチャードアーミティッジ)にはめられ詐欺罪で刑務所に収容されて5年。仮出所が決まったデビー・オーシャン(サンドラブロック)

デビーはかつての仲間で今はナイトクラブを経営しているルー(ケイトブランシェット)を訪ね刑務所内で練りに練った宝石強盗の計画を持ち掛けます。

実行に移すべく二人で7人の仲間集めを開始

メトロポリタン美術館で行われるメットガラというパーティで主催者であり女優のダフネ(アンハサウェイ)に1億5000万ドルの宝石「カルティエのトゥーサン」を身につけさせ、それをまんまといただこうという計画です。一人あたりの分け前は1600万ドル!

計画は順調に進みトゥーサンを無事盗み、さらにデビーをだまして刑務所に入れたクロードを嵌める準備も終わらせた7人でしたが、嵌めるためにトゥーサンの一部を使ったこと、しかもダフネに盗んだことがばれてしまいます。そこでダフネも仲間入りし「オーシャンズ8」となります。

8人になり分け前が減ったのでは?となるのですが、実はメットガラの会場であるメトロポリタン美術館では「ヨーロッパ王室」というテーマの展示が行われており、そこには貴重な宝石が大量に展示されており、トゥーサン紛失の混乱に紛れ、大量の宝石を手にいれていたので一人あたりの取り分は増え、それぞれの生活に戻っていきます。

感想

オーシャンズ11の女性キャスト版といえばそれまでなんですが、トリックも目的もわかりやすく、ファッションや美術館も大好きな私としてはオーシャンズシリーズでは1番好きですね。

さすがの豪華女優陣なので個々の個性やドレスアップシーンなどは豪華絢爛でした。オーシャンズシリーズらしく、派手な銃撃戦やアクションはなし。美術品を盗む手助けをするのに前作まで出演していたオーシャンズメンバーが参加していたりと、シリーズ全部見れば全容がわかるぞって感じもおもしろかったです。

デビーはダニー(こちら参照)の妹ということでダニーは死んだ設定になっているのですが、今後兄妹の話もあったらいいなぁと少し次回作を期待してしまいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です